1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院めぐり一人旅にて 新たな発見と良い知らせ

  • 2008/02/09(土) 23:59:02

こんばんは、カフェイン中毒です

今日はノンカフェインです。
あ、嘘、紅茶は毎朝飲んでいますが、紅茶では全く覚醒できないワタクシです…。

行ってきました、心療内科/消化器科 & 久々すぎるアレルギー科行脚!


まずは、良い?ご報告

心療内科/消化器科にて、体重増加計画(1日ラコール2パック追加生活)から解放のお許しを戴きました

食事と体調日誌提出と、風邪の時、辛くて面倒でラコールを飲まなかったら、
なぜか便秘もしてないのに急に1kg以上増えて
「もしや、体重減る期終わったかも?」
と思い、それからラコールはカロリーが足りなそうな日だけ1パックにしているけど、一時的に増えた体重はすぐ戻り、42kg台で落ち着いてきた様子である事と、20代での倒れたりせずに元気に活動出来ていた体重がこの位であり、体も慣れてきた様子で、めまいもしなくなってきた話をしたら、

もう、ラコールを日々飲まなくてもよし、食事日誌も書かなくていい、
自己管理で、栄養バランスが悪そうな時、カロリーが足りなそうな時にだけ、
残っているラコールを1パック位飲む様に言われました!

いやー、よかった、まさか、先生、理想体重と言われる53kgまで私を肥やそうとしていたらどうしようかと思ってたよ…、一安心
多分、食事日誌でのバランスの努力も読み取ってくれたんだな。
えがったえがった!

これからが、私の食事管理の腕の見せ所ですね、腕はまだ低いですが、
一歩一歩頑張ります!!


もうひとつ、あらたな発見。
こちらは、アレルギー科より発信


アレルギー科は予約制なんだけど、結局、なんだか予約時間より一時間後位にやっと中待合室に呼ばれる始末で、その間、カフェイン中毒患者は、待合室でやってはいけない行為、爆睡をしてしまいました。

ウトウトしてゆれている人を『舟を漕ぐ』とかよく言うけど、そんなもんじゃーないよ、
真上に、何度もガックンッって頭倒れたよ。
しかも、中待合室でもその状態だった。
あー、よく寝たよ?


今日の久々のアレルギー科で、新しいエピペンを貰う儀式を行いました。
再度、エピペンの使い方も復習して、誓約書にもサインして、
エピペンケースに新しいお守りをセット。

ん?
ふと、書類を見ると、私の症状を細かく書いた紙が横にありました。
カルテじゃなくて、多分、エピペンを持つ患者の情報です。

そこに、沢山の私の見慣れたアレルギー情報と共に、
「アトピー性皮膚炎」と書いてあった。

私、今まで、私はアレルギーは沢山あるけど、
アトピー性皮膚炎ではない、と思ってました。医師に特に言われた事がなかったので。
なので、看護師さんに聞いてみました。


私:「私って、アトピー性皮膚炎、でもあるのですかい?」

看:「ん?そうね、そうなっているわね。アトピーとは、遺伝性のアレルギーの事よ」

私:「じゃ、私のたまに起きる皮膚の困った事は、アトピー性皮膚炎って名前なのですか?」

看:「遺伝性であればそうなるのよ、お父さんとかお母さんとかアレルギーある?」

私:「ありますよ、祖母が、かなり昔から、小児?一生喘息とアナフィラキシーショッカー。母は軽いアレルギー持ちです。」

看:「じゃ、それね!」


あー、そうなんだ、気付いてなかった。
私の化粧品合わないとかも、アトピー性皮膚炎なんかな。
アナフィラの方がど派手なので、皮膚周りは、自分なりに試行錯誤して
対処してきていたから特に病名なんか考えた事もなかった。

今まで、『私はアトピーではないんですけど』と言いながら、コメント入れたりしていたアレルギスト仲間の皆さん、すいません、ずっと勘違いしていたみたいです。

あらためまして、

『あらゆるアレルギーと、アトピー性皮膚炎も所持しているプカプカプーです、どうぞよろしく』

バカだな、僕…。


ついでに、看護師さんの提案で、期限切れの本番用エピペン
(まだ実際には使った事がない)を打つ実験をさせてもらいました!


もっと反動とかあって怖いかと思ったけど、あれなら、結構打てるかも。

箱を太ももに見立てて、期限切れエピペンを自分で箱に打ってみたんだけど、なんか、力入れて押したらカチッってなって、想像よりは注射に仕込まれているバネの反動がなかった。

ちょっと、来るべき時(こなくていいけど)に備えて、
エピペンを打つ恐怖が薄らいだ今日のプーちゃん。


一応、久々なので、アレルギーの血液検査お願いしておきました。
でも、毎週病院通いで辛いので、花粉症関連の薬を1ヶ月分処方してもらい、
検査結果も、一ヵ月後に聞く事にしました。

本当は、先生の言う事聞いて生活してきた成果、前回より低い数値を出したいとこだけど、今週は風邪でばてて、部屋のお掃除もままならなかったので、ハウスダストなどは、高値を記録しそうな予感

まー、アレルギーの症状と対応は、本当に、アレルギー科に行ってから、楽になったので
結果はあくまで記録として、1ヶ月後に聞きに行きます!


人気ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、それぞれポチッと応援ワンクリックくださいな!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

42㌔…関東膵族館対策本部臨時集会はもっと後にしましょう。
合わせる顔がないです、あぃv-15

待合室で熟睡…ホントどこででも眠れるんだなv-75羨ましい。

エピペン試し打ちしたのね!ドキドキだったでしょう。彼とのドキドキとどっちがドキドキだった?ってワケわからんコメしてしまったv-12

アレルギー科のDrは膵炎報告にどう反応した?
まさか関係はない…よな~。
でもこれで花粉症のアレルギー反応がプーちゃんも少なくなった!なんて報告があったら
トロロも脂質制限もっとやる気が起きそうだな(笑)

  • 投稿者: トロロ
  • 2008/02/10(日) 01:06:58
  • [編集]

トロロちゃんっ!!

トロロちゃんも「私、42kgだよ」って言い張ってしまえばこっちのもんだよe-278
逆に考えれば、トロロちゃんの減量待ってたら、いつ頃、関東膵族館対策本部臨時集会が開催されるのよ~!!
むしろ、それについて関東膵族館対策本部臨時集会にて、話し合ってもいいけどね。
『議題:トロロ嬢・宍戸錠の減量について』

どこでも寝れるよ。電車も座ったら、一駅分でもう夢の中だよ。
単なる睡眠不足と疲れすぎだけど…。

>彼とのドキドキとどっちがドキドキだった?
ホント、ワケ分からん(爆)
彼には今更ドキドキしないので、エピペンの方が、ドキドキというより、ワクワクだった!


書き忘れたね、アレルギー科のドクターは、膵炎に関しては細かい反応は示さなかった。
ただ、大量に薬飲んだり、頓服持ったりしてるから、それをバーッと報告したから、ニコニコしながら、「ちゃんと飲み合わせの注意とか受けているよね!」と言われたので、『それが、他の病院では、飲み合わせの説明はあんまりないんです…』と言ったら、
「えー、そうなの?!うちはアレルギーの患者さんがほとんどだから、そういうのは絶対注意するし、普通、医療機関には、薬品会社から、こういうのが必ず配布されるんだけどね?」と言って、大量の、カラフルな、「○○と一緒に飲んじゃいけない薬の種類」という感じの紙を見せてくれた。どっさりあったよe-263
で、「消炎・鎮痛剤なんかは、飲み合わせ悪い薬一杯あるから、ちゃんと注意した方がいいよ」と言われた~。
しかーし、せっかくお金を払って診察を受けているのに、中待合室でまで寝ていた私は、消炎・鎮痛剤とどんな薬が飲み合わせ悪いのか、までは確認するほど覚醒していなかった…。またしても、不覚…。

看護師さんに、「血液検査結果は一週間で出るから、早く結果聞いて、その後次の検査とかしなくていいの?」と聞かれたので、『慢性膵炎疑診で膵臓辺りに痛みが出る様になってから、あからさまにアレルギー症状が減っているんですよ』って言ったら、なんか、納得していたよ。

だから、脂質制限でアレルギー症状がどうのって事はないけど、膵炎に免疫機能が注がれて、アレルギー反応が薄くなっているっていうのは、別におかしい話でもないんだろうな、と思った~。

脂質制限で花粉治ったらすごいよ、脂質制限が流行っちゃうわね(爆)
私はもう今日から薬をガンガン入れちゃうので、私では人体実験不可能だわe-266
ねぎトロロさんが、脂質制限して、花粉の症状の変化を是非観察してみて!!
もしかしたら、ノーベルトロロ賞受賞も、夢じゃないかも!!

  • 投稿者: プカプカプー
  • 2008/02/10(日) 01:47:19
  • [編集]

体重は20代後半ぐらいの体重を維持し続けるのが一番ベストらしいよ。
20代後半が42キロぐらいなら、あまり気にしなくてもいいんじゃないかな。
私は20代後半ぐらいの時は53キロ(おっ、理想体重だ(笑))ぐらいあって、それが膵炎で一番ひどい時は43キロまで減ったのね。
だから、生理は止まりかけるし、体力はなくなるし大変だったけど、友達で同じく161センチぐらいでずっと42キロぐらいの体重の子は、生理に全く問題ないのよ。
だから、体が慣れてる体重というのがあるんだと思うよ。
私の場合は48~29キロまでは戻さないと生理がちゃんと来てくれません。
困ったもんだ(笑)

で、アレルギーのお話。
アレルギーも遺伝性あるんだねー。なんでも遺伝かあ。

コーヒーについては、ちゃんと豆からひいたコーヒーには癌を抑える作用があるらしい。←昨日、母が「日本肝臓学会」の講演会で聞いてきた。
だから、カフェインが絶対体に悪いってわけでもないんだよね。
膵臓くんにだけ悪いってだけで。
でも、個人差があるから、もしかしたらプーちゃんは大丈夫かもよ?
膵炎でウーロン茶がダメって人多いけど、私はなんともないもん。
・・・でも、責任は取れないので、自己責任で実験してください←こらーv-40

  • 投稿者: あゆ
  • 2008/02/10(日) 11:31:21
  • [編集]

あゆさん☆

20代後半の体重がいいんだ~。だとすると、今より3kgUP位ですね、私の場合。
多分、風邪の時、3食と、+ちょっと間食を入れた生活にしてたら、体重がupしたので、42kgキープではなくて、もう少し増えると予想はしてます(笑)

あゆさんは53kgは理想体重よりずっと軽いですよー、私と全然身長ちがうもんe-267身長155cmで53kgがいわゆる理想体重だそうです。

やっぱり、身長に関係なく、自分の慣れてる体重ってありますよね。体質っていうか。
弟のお嫁さんは、私より少し小柄で、通常時30kg台だけど、もし私がそうなったら立ってられないと思う。
ガリの家系ではないので、40kgきったら限界だと思えます。
これからも、これに楽観せずに、食事のバランスにも気をつけて、体に合ったものを食べなきゃ!


あ、生理が遅れた事も先生に話しました。あゆさんと同じく、食べたからってすぐにホルモンになるって訳じゃないんだから、一度遅れてしまったら、焦って脂質取ったりしないで、あと1,2サイクルの間に元にもどればいいや、位の気持ちでご飯しっかりお食べe-429と言われました!!

アレルギーは遺伝強いのですよ。
「アトピー」という言葉が、よく耳にする「アトピー性皮膚炎」の事ではなくて、アレルギーを表す言葉だとは知ってましたけど、一般的に「アトピーです」って言うと、大体皮膚炎の方で皆さん使っているので、分かりやすい様に、「私はアトピーではないです」って言ってたんですけど、そもそも自分もアトピー性皮膚炎に入るとは、予想外でした!!肌は、化粧品さえコントロールすれば、大丈夫なので。

豆からひいたコーヒーに癌抑制作用?!お母様の情報収集、ステキー!
でも、我が家は、インスタントコーヒーe-282

コーヒーはね、濃いブラックを飲んでたんですけど、去年は時々、コーヒー飲んだ後、鳩尾に張りが出てました。
だから、ぶっちゃけ、多分、私にいいとも言い切れない感じ。

で、カフェインの濃度で言えばこちらの方が高いんだけど、栄養ドリンクを飲んだ時にお腹に異常が出たのは、後にも先にも、超空腹で飲んだ18歳の時、一回だけです。胃がヒクヒクして、運転中に戻しそうになって、自宅に引き返した覚えがあります。

心療内科のドクターが無理に栄養ドリンクをやめなくていいって言ったのは、多分、大量摂取している人が急にやめると、こういう風に(今までみたいに動けなくなる)なるからかも知れませんねーe-329

人体実験は自己責任、もちろん承知してますよ~!!これは、病人の情報交換でのルールですよね~!
体調みながら、できればやめる方向で続けていきます!

ちなみに、昨晩はかなり寝た、と思ったけど、計算したらやっぱキッカリ6時間でした。
一気にそれ以上寝られないから、休みにしっかり体を休める事が難しい…。
病院の待合室ではどこまでも寝られるのに(笑)

  • 投稿者: プカプカプー
  • 2008/02/10(日) 15:48:24
  • [編集]

お聞きしたいんですけど。アレルギーっていうのは、免疫システムが過剰反応することですよね。てことは、一般的な病気にはかかりにくいということなんでしょうか?

  • 投稿者: 山太郎
  • 2008/02/10(日) 15:48:31
  • [編集]

山太郎さん☆

はじめまして、コメントありがとうございます。

>アレルギーっていうのは、免疫システムが過剰反応することですよね。

はい、そうですね。本来は大丈夫なはずの物質も、自分の中の免疫システムが敵ととらえて過剰反応をします。

ですが、24時間365日、過剰反応している訳ではなく、アレルゲンが入ってきた時、更にその時の自己の体調などにもより、過剰反応度合いも違います。
それに、アレルギー持ちの人も、私の様に他の病気にも普通に患いますので、アレルギーであれば、一般的な病気にはかかりにくい、という事はないと思います。

ただ、今、免疫システム君達が、何に力を注いでいるか?という様な、不思議な動き(他の病気で体調が悪いと、あまりアレルギー反応が出ない気がする、とか)は感じるときがあります。しかし、素人なので、根拠はありません。感じた事です。

しかし、アレルギー仲間の方でも同じ様な事をおっしゃる方は数人いるので、何かあるのかもしれませんが、特にドクターに聞いた事もないので、はっきりした事は言えません。
今度、一ヵ月後のアレルギー科受診の時に、聞ける様なら聞いてみますね!

  • 投稿者: プカプカプー
  • 2008/02/10(日) 16:05:13
  • [編集]

ご丁寧に有難うございました。勉強になりました。

  • 投稿者: 山太郎
  • 2008/02/10(日) 22:18:44
  • [編集]

山太郎さん!

いえいえ、大した回答が出来なくてすいません。
ただの勘と浅知恵で生きている、いい加減な私です×
知的な回答が出来なくてごめんなさい。
リンクにあるブログ仲間の皆さんは、知的な記事も沢山あるので、良ければ、どうぞ♪

  • 投稿者: プカプカプー
  • 2008/02/10(日) 23:12:56
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。