1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナフィラキシーショックのひどい夜

  • 2007/10/07(日) 00:05:00

昨日、ちょこっと書きました、
アナフィラキシーショックを起こした際に、ひどい目に遭ったって話をします。

アナフィラキシーショックが発生しただけでもひどい目に遭ったんだけど、
救急病院までスムーズに行けずに、本当に死んじゃうかと思う事があったのです。

今から、11年位前、当時私は一人暮らし。
夜、渋谷で友人と食事をした後、帰路につき、電車を待ってました。

その日の記憶は飛び飛びで、あんまり覚えていないんだけど、
私は確か、渋谷駅で、一人で電車を待っていたら、蕁麻疹が出始めた
感触がしました。

これは人それぞれだと思うけど、私の場合、普通の蕁麻疹程度で終わる時は
腕の内側とか指の間とかから出始めます。

でも、アナフィラキシーショックを起こす時は、ちょっと恥ずかしい話ですが、
最初にお尻の穴辺りと、脇の下に蕁麻疹が出てきた感触がします。
それが、渋谷の○○○○線のホームで、始まってしまったのです。

『ちょっとー、まずいかな……』

思っている間に電車が来ました。

渋谷の○○○○線のホームから渋谷駅地上まで上がって、救急車を呼ぶのは、
人混み度合いから行くとちょっと手間な感じだったのに対し、
最寄り駅までは二駅なので、私は電車に乗ってしまいました。

たった二駅、数分の間に、私の蕁麻疹は、案の定、全身に広がりました。
もう喉にも広がりまくった蕁麻疹は、最寄り駅を降りて、階段を登って
地上に出た時には、大量の咳と呼吸困難を起こし始めていました。

『もう間に合わない、救急車を呼んでもらわなきゃ』


必死でした。当時、携帯は、ボチボチ皆が持ち始めた頃で、私もピッチは
持っていたけど、自分で話しても声がガラガラの怪獣みたいな声しか
出せなくなっているので、自力で電話は不可能と判断し、
当時、駅の出口の目の前にあった交番に倒れ込むように入りました。

交番にはおまわりさんが、確か二人か三人。
懸命に、ガラガラ声で、もう回らない頭で説明しました。

『アレルギーの発作を起こしてます。救急車を呼んでください』

ニッポンのおまわりさんは、いいました。

「救急車今だと、新宿とかに運ばれちゃうよ?、具合悪いなら近くの
病院に、自力で行った方が早いよ?」


その駅から新宿までは、車だと多分15分位かかる、
救急車が来るまでの時間を入れるともっとかかる

ってちょっとまって、なんで私、ここから新宿まで運ばれなきゃならないのよ、
しかも、それをなんで、ニッポンのオマワリさんが、救急隊でもないのに
新宿に運ばれるって決め付けてるのよ

普段の私なら、気が強いので、「なめとんのか、ゴラッ」となるとこですが
その時は、そんなの無理、必死で、ガラガラの途切れ途切れの声で、

『呼吸困難起こしてます、お願いします、救急車を…呼んでください』

ニッポンのおまわりさんは、
「だーかーらー、ここから救急車呼んでも、救急車きてから新宿行くより、
近くの病院行った方が早いってー(笑)」


すでに普段の私なら、
「警視庁広報課に電話じゃ、ゴォラッ」と言っている所ですが
その時は無理でした、何故か、折れるしかありませんでした。

すでに、他人には私の声が聞き取れない状態になってきている為、
筆談で、

『近くのきゅうきゅうびょういんをおしえてください』

とグチャグチャな字で書きました。

大日本帝国のオマワリサンは、それにはすんなり、
「あー、この、○○○○交差点(大きい交差点)を渡って、
300m位歩いたところに、人工透析とかもやってる○○○○病院ってのがあって、
救急もやってるから、そこいきなよ!」

と、国道2○6の渋谷とは逆方向を指差しました。

はぁぁ、後で冷静に考えれば、一駅前には救急もやってて、交番と同じ斜線の
大学病院もあったけど、それすらも気付かなかったし、
ニッポンのおまわりさんも教えてくれなかった。

今の全身紫色でブクブクに腫れあがった私には浮かばず、○○○○病院
に向かうしかない、と思いました。

最後の一押し、この交差点を逆斜線まで渡るには、駅の地下通路を降りて渡るか、
結構ながい信号待ちをしながら横断歩道を3つ渡らなくてはならなかったので、

『パトカーで送ってもらえませんか、死にそうなんです』

とガラガラ声で言ってみた


大爆笑された

「ムーリ、無理ー、そんな事、出来ないよー、なー、ギャハハハハ
警官全員で大爆笑

って、こーいう時にこそ、『殺○ぞ』という言葉を使ってもいいかと思われますが、
逆に、無駄なやり取りの時間に殺されそうな、その時の私には無理でした

言っとくけど、私はパトカーをそういう風に使ってはいけない事位は
知ってるよ
でも、緊急事態の対処の場合って奴に賭けたのさ


頑張りました、筆談で

『タクシーひろってください』

と書きました。
ぶっちゃけ、超車通りの多い場所です、健常な人間なら、誰でも簡単に
目の前の道路に立って、手を上げれば幾らでもタクシー拾えますが、

ニッポンのおまわりさんは笑いながら、

「タクシー乗ったって、Uターンできる場所遠いんだから、歩いていった
方が早いよ?」

と、ホント、もうあったま悪い困った奴、みたいに言われました

交番は道案内しかしてくれない
喋るマップ
そうね、君達病人係りじゃないもんね
街の平和を守ってるんだよね、たしか


泣き寝入りしてる時間もない、
経験した事のないタイムアップが近そうだったので(ヤダ)、
ひどい嘔吐を道に巻きつつ、下痢を我慢しながら
3つの横断歩道を記憶はないがなんとかクリアしてからは、
四つんばいで、這って進みました

周りの事も何も、何も覚えてません
すごく這ったところで、○○○○病院が見えました

本当に救急をやっていた事だけが救いでした
ありがとう、ニッポンのおまわりさん
すげー助かった 本当に救急病院で。

自分で病院で状況を説明したとは思いますが、記憶はありません。
気付いたら、処置室のベッドの上で、点滴を打たれるとこでした。

私は、ベッドの上で、真っ赤に腫れあがった手の平を見ていました。
点滴が打たれて、2,3分で、手の平が見る見るうちに、白い、元の色に
戻ってきました。

『助かった…』そのまま寝てしまったと思います
誰かが、「点滴がなくなったら呼んでね」と言っているのが
聞こえた様な気がしました。

何分経ったか分からないけど、気がついたら点滴が空でした。
点滴が空になっちゃいけないんだっけ、今の針は空気なんて入らないのだっけ、
ちょっとてんぱりながら、
『すいませーん』と何度も叫んだけど、

だーれも来なかった

踏んだり蹴ったりだな、なんて思いながら、
ショック症状から救われて復活した私は、
点滴を持ったまま、真っ暗の院内を歩き回った。

『すいませーん』『すいませーん』
謝り侍の様に言い回って、歩き回って、やっと警備員室を見つけたので
警備員さんに事情を話して処置室に戻った。
点滴なくなったと気付いてから、2,30分経ってたと思う…

看護師さんが走ってきて、「ごめんねー」と言って針を抜いてくれた。


いいえ、この位平気です
交番で、お国のオマワリさん達に、死にそうなのに笑われて放置された
数時間前の惨めな私から比べたら、これ位、全然平気です
でも、一応、これからは患者がいる事、忘れないでください…


ありがとう、○○○○病院

ありがとう、ニッポンのオマワリさん
私、一生忘れません。
オマワリさん達の笑い声、会話、そこの部分だけは、一生、
忘れたくても忘れられません
オマワリさんたちの名前、覚えておけば良かった
本当に、気さくな人達だった

ニッポンのおまわりさん、一生忘れませんっ

ありがとうありがとうありがとう

アレルギーなんて、アナフィラなんて、知らない人の方が多くて
赤の他人に理解してもらおうなんて方が無理です

自分の身は、出来る限り、自分で守らなきゃ


でも、

なんで、私はこんな事になるんだろう
まだ、その時、私はサーモンが起因だと気付いていなかったから
サーモン、蟹、どっちかだな、と、
前回のアナフィラの時に食べたものを思い出しながら、
軽く分析したけど、判定が付かなかった

この後、もう一回、やってしまいます。
そして、今度は友人に大迷惑をかけてしまいます。。

はぅー

人気ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、それぞれポチッと応援ワンクリックくださいな!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

No title

ども、ギブミーマネーと申します。
アレルギーってホント大変なんですね。自分も海で泳いでいたら急に意識不明になりましたよ(^^)
体中腫れあがって、呼吸困難になって・・パタリと。
しかも同じ友人と海に行って、3年連続で同じことを繰り返しました。友人は言いました「お前とは二度と海にはいかねぇ~」。それから4年ほどして寒冷じんましんだとわかりましたが・・・。
ほんと怖いですね~。

  • 投稿者: ギブミーマネー
  • 2007/10/07(日) 06:23:11
  • [編集]

ギブミーマネーさん

>ギブミーマネーさん

あし@のコメント以来、度々のご訪問ありがとうございます!!
海で呼吸困難はやばいですよ~。呼吸困難は喉に蕁麻疹が広がって、喉が狭くなってしまうと思うので、
海でなんて本当に危険v-42

バナナボートから落ちて、ライフジャケットのまま
バナナの真下から浮き上がれなかった事件以来、
深い水が恐くなってしまった私には想像しただけでも…zzzzzz

お友達も相当恐い思いしたんでしょう……
でも、また、海で助けてくれますよv-266

そこまでの状態だと、冬のお仕事の時は大変そうですね×
気をつけてくださいね!

では、ギブミーマネーさんのブログにも、コメント入れてみますね!!

  • 投稿者: プカプカプー
  • 2007/10/08(月) 17:10:50
  • [編集]

抗議しておくべきだったんじゃん?

それはキチンと抗議しておくべきだったんじゃないかな、警視庁に。
そういうバカなヤツがオマワリさん・警察官と呼ばれ「市民の生命・安全を守る」
とか言ってると思うと無性に腹が立つ。
過去記事にメチャメチャ怒りモードのトロロです。

  • 投稿者: トロロ
  • 2008/01/16(水) 01:14:26
  • [編集]

抗議すればよかったね~

トロロ姫、過去記事巡回中?
コメ歓迎です(笑)

ひでぇオマワリちゃんだったよ…。
しかも、2,3人いたけど、全員、紫色になっているであろう私の言動に、爆笑してたからね…。
でも、まだ23歳位の私には、後日抗議なんて頭は回らなかったよ~。今なら、警視庁広報課に、すごい勢いで速攻ご連絡いたしまっす♪
あ、もちろん、アナフィラが治まってからね!!

  • 投稿者: プカプカプー
  • 2008/01/16(水) 01:30:46
  • [編集]

ごめんね~^^;

最初から全部読みたいっ!って思ってたんだけど、なかなか実行できなくて。
で、たまたま今日は時間もあるし…ってんで、初めから読んでます。
後でメールで色々送ろうと思ってたんだけど、あまりにも突っ込みどころが多くて
忘れちゃいそうだったからコメしちゃったの。ゴメンね~。
それにしても、ブログ始めたのほぼ同じ頃からなのね。またまた偶然~?

  • 投稿者: トロロ
  • 2008/01/16(水) 01:50:08
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。