1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の頃?蕎麦

  • 2007/09/24(月) 11:14:03

小学校低学年の頃、自宅でお蕎麦を食べる時、
両親が、「お蕎麦は、ズルズルッと音を立てて
食べるものなんだよ」と言いました

それが粋なのか、それがマナーなのか、分からないけど
のり易い私は、すぐに、頑張って、ズルズルッと
勢い良く吸い上げて食べる方法をしっかり守り、食べました。

すると、大体3口目位から、口の中の、上部の丸い天井部分
なんていうか、口中のドーム型の天井部分が、
突然、口の中がつる様な感触で、ドーム型とは逆型に
瞬時に腫れました。それからは、口の中が腫れて痛いので
急いでズルズルしながら、お蕎麦を完食。
口の中がちょっと狭い…、と感じる位まで腫れますが、
ズルズルして粋に食べるデメリットとして、
こういう事が起きるのだな、と思ってました。

我が家では良くお蕎麦を食べましたが、確実に毎回
ドーム型は逆ドーム型になりました。
時には、逆ドーム型じゃなくて、ドーム型エリアに
いくつかの丘が出来る形でボコボコ腫れる事もありました。
私は、口の中が痛いので、それからはズルズル吸い込むと
痛くなるその腫れに優しく、柔らかいズルズルをしながら
毎回急いで完食しました。

今、思えば、ずーっと、蕎麦アレルギーだったんですよね。
良く、蕎麦アレルギーの子のアナフィラキシーショックを耳にしますが、
私はお蕎麦は大丈夫!と自信満々でした。
アレルギー専門医に最初に行った際、色々な思い当たる話をした時、
「それ"も"、アレルギー」とドクターに言われ、初めて気付く
もちろん、検査結果も蕎麦アレルギーばっちりgetでした

今でもお蕎麦は頂きます。
彼がお蕎麦が大好きなので、よくお蕎麦屋さんにも行きます。

先日、近所の、昔ながらの、蕎麦焼酎と板わさで飲んでから
お蕎麦を頂く、という様なお蕎麦屋さんで、いつものように軽く口を
腫らしながらお蕎麦を美味しく頂いていた所、
ボックス席に、4,5歳のお子さんを連れて、
蕎麦焼酎で一杯やっている若いご夫婦を見ました。

江戸っ子だねー、粋だねー、子供連れて夫婦で蕎麦屋で
飲んじゃうなんて、やるねー、などと思っていたら、
大騒ぎして色々つまんだり、遊んだりしていた子が、
シメのザル蕎麦が出てきて食べ始めて少ししたら、
火がついた様にワンワン泣き始めました。
若いご夫婦が幾らお子さんになんで泣いているのか
聞いても、お子さんは泣くだけで答えられませんでした。

そのお母さんは、
「あんたは、いっつもお蕎麦食べると泣くんだからっ
もう知らない。早く食べなさいっ」と
プンプンしながら、理由を聞いても泣き止まない子に
お蕎麦を食べる様促していました。

私は、内心、『その子は蕎麦アレルギーなんじゃないかなぁ、きっとそうだよー
と、カウンダーから飛び出して行きそうになりましたが、
知らないご家族で、既にご両親とも泣き叫ぶ子供に怒って、
「早く食べなさい」とプンプンだったし、
差し出がましいので、頑張ってカウンターに留まり、
自分のお蕎麦を無言で完食しました。

その間、ずっと子供は泣き叫んでいました。
私は、無言で色々考え、『泣き叫べているから、すごい呼吸困難は起こしていないはず』
なので(呼吸困難時には、喉が蕁麻疹で極端に狭くなってしまう為、
声が「ガー、ピー」みたいな怪獣みたいな音になったり、声枯れみたいになります)、
『お母さん、早く気付いてあげてね』と思いながら、
いつもの様に、腫れた口内を水で冷やしながら店を出ました。

気付かれないままのアレルギー、それは上手く説明できない
子供にとっては、なんでか分からないけど体に辛い現象が起きる恐ろしい出来事、
私の場合はお蕎麦では大事には至らない為、気付かなかった両親をなんとも思っちゃいませんが、
小さいお子さんを持つお父さんお母さんは、過敏にはならない程度
お子さんの食への反応を、好き嫌いとはちがった目線で
見てあげるのも必要だと思いました。

人気ブログランキング にほんブログ村 病気ブログへ人気ブログランキング
ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、それぞれポチッと応援ワンクリックくださいな!


毎週金曜日はポイント最大3倍!さらに4倍のチャンスも!?楽天市場

らでぃっしゅぼーやがプロデュース!無添加な食品を宅配するピコデリ。

【生活クラブ・スピリッツ】提携生産者の人気の食材お試しセット

自然の原料で作られた無添加化粧品

TVでも紹介され、大人気。オーガニック野菜スイーツはこちら

合成界面活性剤を使用していない石鹸歯磨き

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。